燃えるキノコ

火口にもなる

f:id:chieftain:20170710162043j:plain

朽ちた樹木と一緒に木質化しているサルノコシカケ科のキノコ、これは大変良い火口になる。

f:id:chieftain:20170710162414j:plain

簡単に火種ができる。しかも....

f:id:chieftain:20170710162537j:plain

キノコの上にコッフェルを乗せれば、お湯を沸かすこともできるスグレモノ、乾燥しているので、軽く邪魔にはならない。

 

器をつくる

コールバーニング

f:id:chieftain:20170708084030j:plain

 木を焼きながら内側をえぐって器にする。元になる木材の上に真っ赤に焼けた炭を乗せ原木を焦がしていく。効率を上げるためにストローグラス、葦などの中空植物を使って焦がしたい場所を吹いて焦がす。

少し焦げたところで一旦炭を取り除き焦げた部分を削り取る

f:id:chieftain:20170708084515j:plain

 金属製のスプーンや石でも削り取ることは可能だがこんなのがあると便利。

この器の制作には2時間ほど要した。

この中に水と共に真っ赤に焼いた石を投入すれば鍋になる

 

モーラ・ナイフ Morakniv Wood Carving 164 S

モーラ・ナイフ Morakniv Wood Carving 164 S

 

 

自然食材を食べやすくする

f:id:chieftain:20170707132950j:plain

f:id:chieftain:20170707132958j:plain

春先に山野草を摂りに行った時のモノ。天ぷらにすると、苦味やエグミが消え食べやすくなる。これは野草の持っている栄養素が高温により破壊されるためだと個人的に考えている。小麦粉だけでなく片栗粉や米粉コーンミールなどを混ぜて衣を作ればフリッターのようにカリッと揚がる。ひょっとして市販されている「○○のいらない天ぷら粉」も同じような発想なのか...笑

野草と一緒に調理すれば、カサも増し、繊維質も取れ小麦粉だけよりは長期に渡り食を確保できる。

 

 

 

ユニフレーム Fパン 17cm No.667651

ユニフレーム Fパン 17cm No.667651

 

 

自然界から可食物をつくる 「ボーロ」

f:id:chieftain:20170707132116j:plain

片栗粉を水で溶いたものを焼くと写真のようなボーロができる。市販されている片栗粉はじゃがいものでんぷん質から生成される。本来は、クズの根から葛粉として中執さたものを使っていた。クズの根を集め、石やハンマーで叩き潰した根を水で洗う、そうすると容器の底に粉状の葛粉が溜まる。

天然のスーパー栄養剤その2

f:id:chieftain:20170707131651j:plain

f:id:chieftain:20170707131706j:plain

 熊笹を5分間程度煮出したもの、これには、ミネラル・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンK・フラボノイド・葉緑素必須アミノ酸・植物繊維など、各種有効成分がバランス良く豊富に含まれています。

味もまずまずといったところで、普通のお茶のような感じで飲用できる。

天然のスーパー栄養補給剤

f:id:chieftain:20170707125048j:plain

これは、たんぽぽの葉の部分を「インフュージョン」という方法で栄養素を抽出したもの。たんぽぽの主栄養素として

他にも多くの薬効成分が含まれているので、詳しくはネットで検索いただきたい。

 

私達が通常食べている野菜は何世代にも渡り品種改良され、見た目や味が改良されている。苦味やエグミは本来その野菜や野草が持っている栄養素。野草に比べたら市販されている野菜の栄養素などほんのわずかということになる。

この抽出された栄養剤は、通常の野菜の何倍もの栄養素が含まれている。そのあまりにも多量の栄養素のため、一度に大量摂取すると、下痢などを起こす可能性があるので、適意様子を見ながら摂取していただきたい。逆に言うと、便秘のときはお通じを促す薬にもなる。味はと言うと、ご想像の通りゲロまずいので、大人であれば、薬として我慢して飲むことが可能と思われるが子供は難しいとおもわれる。可能であれば、はちみつ等を加えてシロップにすれば飲みやすくなる。

インフュージョンの方法は、ガラス瓶などに採取した(今回の場合はたんぽぽの葉)を適当な大きさに刻み便の中に入れる。そこに沸騰させたお湯を加え、半日ほど置けば写真のような成分が抽出される。

尚、お湯をガラス瓶に入れる際に金属製のスプーンなどに這わせるように注入すると瓶が割れないという。その根拠は定かではない。

緊急用シェルター

f:id:chieftain:20170706111355j:plain

f:id:chieftain:20170706111412j:plain

f:id:chieftain:20170706111428j:plain

f:id:chieftain:20170706111443j:plain

f:id:chieftain:20170706110241j:plain

今回の九州豪雨大変な状況ですね、被害に遭われた方々、近隣にお住まいの方々にこころよりお見舞い申し上げます。

人間が生きていく上で必要なものは、シェルター、水、火、食糧。優先順位は、状況によって入れ替わるらしいが、真夏といえども、長時間風雨にさらされていたら、低体温症などで命の危険にさらされる。3日間水を飲まなければ、人間は生きていられないという。地震などでの救出活動のタイムリミットは72時間と言われるのもこの辺りから来ていると思われる。火は、暖房、照明、水の煮沸消毒、調理だけでなく様々な道具を作るためにも欠かせない。食糧は無くとも3週間から4週間は生きることが可能だという、相当貧じい思いをするだろうが...

私の知っているシェルターの作り方のひとつに、3m☓3mのブルーシートがあれば完全にフルクローズのテントが作れるものがあるのでご照会したいと思います。

 

① シェルターの支柱が必要になりますが、用意したシートの2分の一の長さが必要となります、3mのブルーシートなら、1,5m 先端部分はてぬぐいやハンカチなどで緩衝材とすれば、シートへのダメージは緩和されます。

② 一辺の端2箇所をペグダウン

③ペグダウンした反対の辺の両端を合わせて持ち、テンションをかけて合わせた状態でペグダウンする

④ ③で出来た隙間が出入り口になるのでそこから用意したセンターポールを持ってテントの中に入り、テントセンターにポールを立てる

 

後は③の入り口を分けてペグダウンして出入りが容易にするもよし、外側でも内側でも折り込めばフルクローズの三天テントになります。

 

もし、アルコールランプがあれば、暖房にも使えます、アルコールは燃焼時に二酸化炭素を発生するので、長時間でなければ、少なくとも一酸化炭素中毒のようにはなりません。また、テント外で焚き火をし、そこで単一色の粘土質の石を焼いてテント内に持ち込めば、暖房にもなります。ヒビの入ったモノや花崗岩のような石は焼くと飛び跳ねるのでくれぐれも注意してください。